白石城の桜

白石城

天正19年(1591)豊臣秀吉は、伊達氏の支配下にあったこの地方を没収し、蒲生氏郷に与えた。蒲生氏家臣蒲生源左衛門郷成は
城下町を含む城郭、白石城を築城し城主となった。
慶長5年(1600)関ヶ原合戦の直前、伊達正宗は白石城を攻略し、この地方は再び伊達領となり、、伊達氏家臣である片倉小十郎が大改修を行い、以後明治維新まで二百六十余年間片倉氏の居城となった。

白石城

白石城

白石城

第十八代横綱 大砲萬右衛門(本名:角張萬治)
明治二年十一月二十八日、父萬吉の長男として白石市大鷹沢三沢字唐竹に生まれる。
少年のころ、六十キログラムの米俵を両手に軽々と提げ町まで運び、「三沢の怪童」と呼ばれた。
明治十七年、年寄尾車文五郎の門に入り、郷里の地名にちなみ、しこ名を「三澤滝」と称した。
明治二十一年しこ名を「大砲」と改め、明治三十四年四月三日、第十八代横綱に推挙され一世を風靡した。

白石城

魚眼で見るお城と桜

白石城

球児と桜

白石城

碑と桜

白石城

お城と碑と桜

カテゴリー: , 歴史, 白石城, 西公園   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>